1. TOP
  2. 【聞いてないよぉ!?】知らない間にクレジットカードやカードローン審査に通らなくなってしまう6つの事故

【聞いてないよぉ!?】知らない間にクレジットカードやカードローン審査に通らなくなってしまう6つの事故

2015/11/10 基礎知識
この記事は約 6 分で読めます。

借金していないしローンの返済も遅れていないという方が、知らない間に信用が落ちてしまいクレジットカードを新しく作れなかった!キャッシングの審査に落ちた!というケースが最近増えてきているようです。これは、あなたが知らないうちに、あなたの信用(クレジット会社の貴方に対する評価)が下がってしまっているから。「信用」が低いと、クレジットカーとが作れなかったり自動車ローンが組めなかったり、大変なことになってしまうので気をつけてくださいね!「知らなかった」では済まされないことなんです。自身で把握しないうちに、信用情報に傷をつけてしまう行為に変わりはありませんので、以下の7つの点に注意をして気をつけてくださいね!

① 携帯・スマホの分割払いの遅延

aiphone6s1

若い人たちが、つい陥りがちで圧倒的に多いのがこれ。政府も注意を促しているレベルにまで社会問題化されています。24回払いが終わっていない段階で1回の延滞でも信用を傷つけますし、延滞が積み重なればクレジットカードや自動車ローンの審査に通らなくなってしまうことも多々あります。なぜなのかというと、一括払いでは高額な携帯電話を分割払いすることは、つまりは携帯会社とクレジット契約を結んでいるんです。

例えば、携帯本体が24,000円だとして毎月1,000円ずつ2年間払う、という分割払いの契約は、いわば24,000円を借金して携帯を購入し1,000円ずつ毎月返済している、というような契約なのです。この分割払い契約を払わずに延滞しちゃうと、「信用」が下がっちゃうので気をつけてくださいね。ちなみに、分割払いをしていなくて電話代を延滞しまくったせいで携帯を契約できなくなる場合がありますが、これはその延滞した携帯会社のブラックリストに載っているだけで、クレジット会社からの「信用」が低い訳ではありません。「通話料・通信料」と、「携帯本体の分割払い」とを分けて考えるようにしてくださいね。

もっと詳しく知りたい方はこちらの記事をご参考ください。

② 奨学金(日本学生支援機構 旧:育英会)の遅延

d99d1d183da9229067e7782b52cf6acb_m

奨学金の滞納率が多いことから、近年では取立てが厳しくなっています。厳しくなった、というよりは今までが甘すぎただけなんですが。。。ということで、現在では、日本学生支援機構からの奨学金を返済しないと、個人信用情報機関に登録されることになります。いわゆるブラックリストに載るということです。すなわち、日本学生支援機構の奨学金を滞納することは、他のクレジット会社やローン会社の支払いが滞るのと同じで信用情報に傷をつける行為となりますのでご注意ください。ただし、期間の条件がある点がまだ他の金融会社の延滞より優しいともい えます。「3ヶ月以上の延滞者」が対象となりますのでご注意ください。もし、支払いが困難になった場合は、「返還期限の猶予」であったり、「減額返還」などの申請も可能ですので、相談してみることをおすすめします。詳しくはホームページで確認するようにしてください。

参考:日本学生支援機構 http://www.jasso.go.jp/henkan/konnan.html

③ クレジットカード等の年会費

gazo (9)

クレジットカードは年会費がかかるものと、年会費が無料のものとあります。年会費が無料のものだと思い込んでいても、実は「年会費は初年度だけ無料」であったり「1年に○○円使ったら年会費が無料」など、条件が設定されている場合も少なくありません。クレジットカードを発行したこと自体を忘れてしまったり年会費は無料だと思い込んでしまったりして、年会費を支払い忘れその結果、信用情報に傷が付くというケースも少なくありません。クレジット会社から督促が来て思い出せればラッキー。住所変更忘れや覚えがなくて督促状を捨ててしまったりする場合もあるそうです。実家に督促が行ってしまい、開封されないままずっと放置。。。ということもあります。年会費といっても1000円~数万円の場合がほとんど。ただ、小額だろうがお金を払っていないことに関係ありません。1年に1回くらいは、クレジットカードの整理を行ったり、住所変更を確実に行うなど対処をこころがけましょう。

④ カードローンなどのいい加減な申込

bsgreen_googlekasu20141024215319

クレジットカードやカードローンの申込の際、誤りや未記入が多いいい加減な申込をしてしまったり、短期間に複数の会社に多重申し込みを行ったりすると、信用情報が一気に下がってしまう場合が少なくありません。せっかく信用情報があるのに、未記入や書き間違いなど申込の不手際のせいで審査に落ちたとしても、審査に通らなかったことに変わりはありません。このような事実は信用情報機関に登録されてしまいます。また、短期間に複数のクレジットカード、またはカードローンに申し込んだりすると、「お金に困って、色んな会社にお願いしている人」という評価を受けてしまい、こちらも信用情報が下がるきっかけとなってしまいます。信用情報に傷が付いてしまうと6か月ほど新しいクレジットカードを発行できなかったり不便なことが起きてしまいます。本人としては「申込に記入ことを間違っただけ」「何社か一度に申し込んだだけ」と、何の悪気もないのですが、金融機関からすればその行為が信用ならないのです。ご注意ください。

 

⑤ 知らない間にスキミング被害にあっている

df910725a26c78d1a60080dc1c1983d4_m

スキミングとは磁気カードに書き込まれている個人情報を抜き出しまったく同じ情報を持つカードが複製されてしまうカード犯罪です。専門機器をカードにかざすだけで情報が盗まれてしまうので、知らないうちに情報が抜き取られている可能性があります。特に、海外旅行での被害も多く目立ちます。上記4つにまったく心当たりがないのに、ローンやカード発行の審査に落ちてしまった場合は、手持ちのクレジットカードを勝手に使われて引き落としがうまくいっていないケースもあるかもしれません。自分の信用情報を確認することもできますので、下記サイトなどを参考にしてみてください。

参考: http://www.cic.co.jp/mydata/

⑥ 担当者が同姓同名の他人と間違う

あってはいけないことなのですが、担当者のミスで自分の信用が根拠なく下がってしまっているまたは、同地域・同姓同名の人の信用が極端に悪かったせいで、自分が審査に落ちてしまう。このようなケースも、少なからず事例としてあるみたいです。その金融機関からの自分に対する信用がどの程度のものか、確認することもできますので試してみてはいかがでしょうか。

 

このように、知らない間に自分の信用情報が悪くなっている場合もあります。おかしいと思ったらすぐに調べるようにした方がよいですね。特に、携帯電話や奨学金の問題は、若い方にとってはしっかり対応してほしいことでもあります。ご参考ください!

\ SNSでシェアしよう! /

カードクエスト2016|おすすめのクレジットカード・カードローンを徹底比較!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

カードクエスト2016|おすすめのクレジットカード・カードローンを徹底比較!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

サラ子

サラ子

都市銀行の総合職、消費者金融の事務職、と個人向けの部門で長く働いておりました。消費者金融でのお仕事の際には、様々なカードローン業務に携わり、「取り立て」も経験してことがあります。テレビでやるような激しい脅迫まがいのことは行っておらず、共感しながら支払ってもらうというのを得意にしておりました。アイコンは昔の私をイメージして使用しております。今は何歳かは非公開です。

この人が書いた記事

  • 【金利解説】10万円借りたら目安、利子や支払期間はどうなるのか??

  • イオン銀行のカードローンまとめ:金利や審査方法など徹底解説♪

  • 楽天銀行スーパーローン徹底解説:審査方法や金利などカードローンの基礎を紹介

  • 元銀行員が教えるカードローン審査に通るための5つのポイント

関連記事

  • 過払い金の時効は5年?10年?時効の中断や援用をきちんと行いましょう。

  • 貸金業法の重要なポイントまとめ|改正・総量規制・違反など

  • カードローン・キャッシングのメリット・デメリット

  • クレジットカードの「家族カード」は必要?メリットとデメリットを調査!

  • 信用情報機関への登録期間と事故情報、その回復について詳しく解説します!

  • ゴールドカードのメリットは?空港ラウンジなどのお得な特典まとめ