1. TOP
  2. 高還元率クレジットカードのすすめ

高還元率クレジットカードのすすめ

recruitcard_002

支払の全てをクレジット払いにするだけで数万円の貯金が可能

生活費のほとんどをクレジットカードで支払うだけで、年間数万円のポイントを貯めることができます。水道光熱費、携帯電話、食費や外食費など、子供がいるご家庭であれば年間「数百万円」をカードで支払うことも可能です。
※もちろん、使い過ぎないようにしっかり管理してくださいね♪

kakei

出典:JCBカード http://www.jcb-card.jp/

ポイントを貯めているようで実は損していませんか?

楽天カードやYahooカード、など人気のクレジットカードはほとんどが還元率1%で、要は、年間100万円を使い方であれば1万円のポイント貯金が可能です。イオンカードやセゾンカード等、スーパー系のクレジットカードは0.5%とあまり高くないのが一般的です。

もちろん、現金払いでポイント貯金ができないよりは十分お得ですが、ポイントを貯める際、もっと高い還元率のクレジットカードで支払いすれば、もっとポイント貯金ができるんです。ポイント還元率が高くないカードでせっせとポイントを貯めても・・・実は損しちゃってるんですよね。

card-koukangen

そこで、紹介したいのが高還元率カード。2016年で最もポイントが高いカードがリクルートカードプラスです。ホットペッパーやじゃらん、ポンパレなど多くのWEBサイトを運営している超がつくほどの優良企業ですね。このカードを使えば、どこで買い物しても2.0%ものポイントがつくので、かなりポイント貯金のスピードが速まります。年間100万円の利用で2万円、3~4人の家族であれば200万ほど使うことも普通でしょうからその場合は4万円ものポイント貯金が可能になるのです。

他のクレジットカードであれば、キャンペーンの時や関連ショップでの買い物の場合に、やっと1%とか2%の還元率が適用されるレベルなのですが、リクルートカードプラスの場合は常時2%、という最も高いポイントが付くので、今最も人気があるクレジットカードなのです。

card_recruit

ただ、美味しい話には裏があるのでは?ということで、調べてみた記事がこちらです。もし、「リクルートカードの高還元率って怪しい」と思ってる方は読んでみた方が良いでしょう。リクルートカードのみならずクレジットカードの選び方についても参考になるかと思います。

ということで、2016年ポイント貯金を頑張りたい方は、絶対にリクルートカードプラスがおすすめです。このリクルートカードプラスは年会費2000円がかかってしまいますが、還元率2%なので簡単に元は取れます。

年会費が無料のリクルートカードだと、ポイント還元率は1.2%と、他のカードに比べると全然高いので、こちらでもおすすめです。年間40万円以上使う方であれば、リクルートカードプラスで年会費分の元は取れますよ。

今なら、最大6000円分のポイントをゲットできちゃいます。

>>リクルートカードプラス公式サイト

 

 

株式会社リクルートホールディングス リクルートカード