1. TOP
  2. 七十七銀行カードローンの金利・評判まとめ

七十七銀行カードローンの金利・評判まとめ

2016/05/05 カードローン
この記事は約 6 分で読めます。

七十七銀行は宮城県仙台市に本店を構える宮城県の地方銀行です。東北6県の中では最大の地方銀行で、その経営方針は「石橋を叩いても渡らない」と言われるほど堅実で、不動産開発投資などのリスクの高い融資は行わないと言われています。

バブル崩壊時に大手のメガバンクなどが相次いで公的資金を投入した際にあっても、七十七銀行は堅実経営を続けたことから、経営の堅実性は有名です。宮城県の地方銀行である七十七銀行のカードローンは、スマートネクスト、77ミニカードローン、77カードローンの3種類に商品が分かれており、堅実経営の七十七銀行を反映したような商品内容となっています。今回は3つのカードローンの商品性をそれぞれご紹介します。

 

スマートネクスト

スマートネクストは消費者金融や、メガバンクなどの他のカードローンに最も近いカードローンであると言えます。

 

・融資金額は10種類

30万円、50万円、70万円、100万円、150万円、200万円、250万円、300万円、400万円、500万円

スマートネクストは融資金額が30万円~500万円であり、カードローンの限度額を上記10種類の中から選択します。

 

・金利は金額ごとに決定

スマートネクストは借入金額ごとにあらかじめ金利が決まっています。

最低金利が14.8%というのは銀行系カードローンの中では決して低金利であるとは言えませんが、最高金額帯である400万円超500万円以下の4.9%は低金利であると言えるでしょう。

具体的な金利は以下の通りです。

借入極度額100万円未満:年14.8%

借入極度額100万円以上200万円以下:年12.0%

借入極度額200万円超300万円以下:年7.7%

借入極度額300万円超400万円以下:年6.9%

借入極度額400万円超500万円以下:年4.9%

 

 

・原則、正社員のみのカードローン

後述しますが、七十七銀行はパートアルバイト向けに別のカードローン商品を発売しています。

そのため、スマートネクストは安定収入のある正社員向けの商品であると言えるでしょう。

 

・通帳と印鑑があれば七十七銀行の窓口でも利用可能

こちらは七十七銀行ならではの利用方法ですが、七十七銀行のカードローンはカードがなくても通帳と印鑑があれば窓口でも借入が可能になるという特徴を持っています。

そのため、カードを財布に持っているとついつい借りすぎてしまいそうで怖いというような場合には、カードは自宅に保管して、借りたい時には窓口に行って借りすぎを防止するという利用方法が選択できます。

 

77ミニカードローン

77銀行の少額融資のカードローンが77ミニカードローンです。

 

・パート、アルバイト向けのカードローン

77ミニカードローンはパートやアルバイトの人向けの少額融資専用のカードローンです。

少額ですので、収入が決して多くないパートやアルバイトの人でも貸付対象としており、スマートネクストが正社員向けであることと対象的な商品設計となっています。

 

・融資金額は20万円、30万円から選択

カードローンの限度額を20万円と、30万円から選択することが出来ます。

ただしパートやアルバイトの人や定例収入のない主婦の人は20万円までの限度額しか契約することはできません。

 

・金利は固定金利

金利は固定金利で2016年4月現在で13.5%となっており、スマートネクストよりもかなりの低金利となっています。

20万円や30万円の金額の融資と言えば消費者金融が最も得意とする金額ですが、大手消費者金融の大部分の金利が18%であることを鑑みれば77ミニカードローンの金利がいかに低いかよくわかります。

「自分は毎月の生活費の数万円をカードローンから出し入れしたいだけで多くの金額を借りる用事はない」という人は正社員の人でも77ミニカードローンがオススメです。

 

 

77カードローン

七十七銀行の利用者向けカードローンで、七十七銀行の利用度に応じて金利が低くなるというメリットがあります。

また、金利もそもそも低く、融資金額に関する基準も非常に厳格です。

 

・融資金額は300万円まで

77カードローンの融資金額は300万円までと決まっており、融資金額は年収によって決まっているカードローンの中ではとても珍しい商品です。

 

・詳細な融資条件

勤続年数が1年以上のまたは営業年数3年以上の人限定のカードローン

カードローンにしては珍しく、カードローンを作成できる勤続年数についての決まりが明確化しています。

給与所得者の人は勤続1年以上、自営業者の人は営業年数3年以上とまるで住宅ローンのように決まっています。

石橋を叩いても渡らないと言われる七十七銀行の個性がよく表れているカードローンであると言えるでしょう。

 

・前年度年収によって、カードローン限度額が決まる

年収150万円以上/借入極度額50万円

年収300万円以上/借入極度額100万円

年収400万円以上/借入極度額200万円

年収600万円以上/借入極度額300万円

77カードローンは前年度の年収によって借入金額まで明確に規制されてしまいます。

簡単審査が売りのカードローンにしては勤続年数にしろ、年収にしろ、決まりが多いなと感じる方を少なくないかとは思いますが、厳しい審査を突破した先に77カードローンは非常に多くのメリットをもっています。

 

・基準金利は固定金利

基準金利は固定金利で年11.0%という低金利です。

限度額50万円のカードローンを作っても金利は11.0%ですので、破格の金利であると言ってもよいでしょう。

厳しい審査基準の上にカードローンを作成しているため、七十七銀行にとってはリスクがそれほど大きくないと判断できるため、金利はここまで低くなります。

なお、77カードローンは取引状況に応じてここからなんとさらに金利の優遇があります。

 

・77銀行との取引状況に応じて金利優遇

消費者ローン・住宅金融支援機構:年▲0.7%

給与振込・年金受取:年▲0.7%

総合口座(定期預金10万円以上):年▲0.5%

積立預金・財形預金:年▲0.5%

77カード:年▲0.4%

5大公共料金・学費自動振替(2項目以上):年▲0.3%

全項目セットの場合:年▲3.1%

 

というように最大3.1%の優遇を受けることが出来ます。

積立や預金があり、七十七銀行にとってはリスクが少ないと感じる人にはどんどん金利の優遇を行う、七十七銀行の利用者にとってはメリットが非常に大きいカードローンであると言えます。

なお、これだけメリットたくさんのカードローンですが、七十七銀行の営業区域内に居住している人しか契約することはできません。

 

\ SNSでシェアしよう! /

カードクエスト2016|おすすめのクレジットカード・カードローンを徹底比較!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

カードクエスト2016|おすすめのクレジットカード・カードローンを徹底比較!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

クレ男@編集長

クレ男@編集長

クレジットカードを始め、共通ポイントカードなど、お得なカード活用法について詳しい、32歳独身。「カードのお得な使い方について教えてあげるよ」という口説き文句で女性を2人きりのデートに誘うことが得意。不得意なことは、その後に仲を深めていくこと。家庭教師のアルバイト経験から、何かを分かりやすく解説することは得意。将来の夢は無料で教える学習塾を開くこと。

この人が書いた記事

  • ゲオ ポンタカードまとめ|作り方とローソン・おさいふポンタでレンタルする方法【紛失・再発行も】

  • ポンタカードの簡単な作り方・登録・ポイントの貯め方|何も考えずに勝手に貯まるコツ!

  • 【ポケモンGO】クレカ・コンビニ・プリペイドカードでの簡単な課金の方法とおすすめアイテム!

  • ポンタ ポイント お得な4つの使い方|かしこく交換して、現金の出費を抑えよう!

関連記事

  • ご融資どっとこむで借りられるローン6選|金利・融資額・審査についてまとめました

  • カードローン審査対策|今すぐにできる審査に通るコツ5選

  • 横浜銀行カードローンの評判・特徴・審査・返済方法などまとめ

  • じぶん銀行カードローンの魅力まとめ|融資・審査・金利など

  • 西日本シティ銀行カードローン特徴まとめ。評判、金利、審査など解説♪

  • 元銀行員が教えるカードローン審査に通るための5つのポイント