1. TOP
  2. 住信SBIネット銀行「Mr。カードローン」の特徴まとめ|金利・融資・審査など

住信SBIネット銀行「Mr。カードローン」の特徴まとめ|金利・融資・審査など

2016/07/05 カードローン
この記事は約 8 分で読めます。

大正時代の創業で、現在も大手である三井住友信託銀行。ソフトバンクグループ出身の新しい金融会社であるSBIホールディングス。両者がタッグを組んで生まれたのが住信SBIネット銀行です。老舗の大手銀行の安定感と、革新的なサービスの発信という両面を持った新しいネット銀行です。

住信SBIネット銀行の「Mr。カードローン」もそんな会社の背景どおり、安定した資産による余裕のある金利設定と、ネット中心で利便性の高いサービスでトップクラスの人気を誇っています。従来の三井住友信託銀行の顧客層に加えて、若年層をターゲットとして生まれた会社なので、大口融資から若い人に人気の小口融資まで幅広く対応しているのが特徴です。

林修先生のCMでもおなじみになっている住信SBIネット銀行「Mr。カードローン」の特徴と、他社よりも優れているポイントについてまとめているので、ぜひご参考ください。

住信SBIネット銀行カードローンの特徴

ここからは住信SBI銀行「Mr。カードローン」の最大の魅力である、金利設定と、その他の特徴についてご紹介します。

プレミアムコースはダントツの低金利!なんと他社の半分!

24fc3f662caf4ff0bdd7f61947be8baa_m

住信SBIネット銀行のカードローン「Mr。カードローン」には「プレミアムコース」と「スタンダードコース」の2種類のコースがあります。なんといっても住信SBIネット銀行カードローンの強みは、「プレミアムコース」の圧倒的な低金利です。

カードローンを比べるとき、よく最低金利が低い方を選ぶ方がいます。ですが、どこの会社で借りても、数百万円単位での借り入れにしか最低金利は適用されません。現実に適用されるのは、ほとんどの場合、最高金利です。

アコムやプロミスなどの消費者金融の最高金利は、17.8%~18.0%くらいです。三菱東京UFJ銀行カードローンなど、銀行系カードローンは14.0%~18.0%の間に最高金利が設定されています。銀行系というだけで消費者金融に比べて、かなり金利が低い傾向にあります。そして金利が低い銀行系カードローンの中でも、「Mr。カードローン」の「プレミアムコース」はダントツで低金利。最高金利が7.99%です。

住信SBIカードローン以外で、金利が低いことで有名な、みずほ銀行カードローンで最高金利14.0%です。最高金利7.99%という数字はその半分の金利なので、いかに他社よりも低いかがわかると思います。

どちらのコースが適用されても、最低レベルの金利になる

「Mr。カードローン」のプレミアムコースとスタンダードコースの違いを以下にまとめています。

「プレミアムコース」

  • 年率2.49~7.99%
  • 限度額10~1,000万円
  • 限度額300万円超の場合は収入証明が必要

「スタンダードコース」

  • 年率8.99~14.79%
  • 限度額10~300万円
  • 収入証明不要

スタンダードコースはプレミアムコースに比べて、限度額が低く、金利も高い条件での貸し付けになります。ですがスタンダードコースであっても、他社カードローンと比較してみると、最高金利14.79%は最も低いレベルです。最高金利が低い、みずほ銀行カードローンは最高金利が14.0%なので、住信SBI「Mr。カードローン」のスタンダードコースと比較すると、0.79%低金利になります。

こう考えると、住信SBIカードローンでスタンダードコースになるなら、みずほ銀行カードローンの方が、低金利でお得のように感じます。しかし0.79%の金利の差というのは、10万円借りた場合、1年間で790円の差にしかなりません。現実的に考えると、0.79%くらいの金利差では変わりがないので、どちらで借りても同じと考えて問題ありません。

この2つのコースは実際に審査をしてから、住信SBIネット銀行側によって決定されます。審査の基準は公開されていないので、利用者がいくら考えたところで、どちらになるかは審査してみないとわかりません。間違いないのは、他社には住信SBI「Mr。カードローン」のプレミアムコース並みの低金利の物はないという事です。

そして、もしスタンダードコースになったとしても、他社カードローンの中でも14.79%というかなり低い金利で借りられます。プレミアムコースが適用されれば、他社と比べて約半分の7.99%の金利で借りられる。スタンダードコースが適用されても、他社の中ではトップクラスに低い金利で借りられる。

コースによって差はありますが、どちらにしても他社カードローンと比べて、トップクラスで低い金利で借りることが出来るのが、住信SBIカードローンの最大の魅力であり、特徴です。

でもプレミアムコースの審査は、通らないんじゃないの?

消費者金融の最大手プロミスのSMBCコンシューマーファイナンスが「Mr。カードローン」の審査を担当しています。

大口の融資で高所得者じゃないと、プレミアムコースは通らないのではないかと疑っている方もいるかもしれませんが、プロミスで小口融資から大口融資まで幅広い融資を行ってきた、SMBCコンシューマーファイナンスの審査なので、そのような偏りはありません。

審査基準は公開されていないので結局のところは、審査を受けてみないとわからないのが現実です。ですが、プレミアムコースは客寄せだけの表示で、実質ほとんど審査が通らないという事はありません。

超低金利の表示だけで、全く審査が通らないとなると、住信SBI銀行カードローンだけではなく、審査を委託されているSMBCコンシューマーファイナンスも、信用を失う可能性があるからです。当然、所得や勤続年数も審査の基準に入ってきますが、一番の問題である、借り入れと返済での問題を起こしていなければ、プレミアム・スタンダード両コースともに、審査に通る可能性は十分にあります。

初めての方は2か月無利息で借りられる!

これも住信SBIだけの特徴的なサービスです。大手消費者金融のアコムやプロミス、銀行系ではジャパンネット銀行カードローンが30日間無利息サービスを行っていますが、2か月無利息というのは住信SBIカードローンだけしか行っていません。

少額の借り入れで、2か月以内で全額返済するなら、利息はゼロです。2か月以上の返済であっても、2か月分の利息がかからないのはかなりお得です。無利息サービスの点から見ても、消費者金融・銀行系カードローン含めて、住信SBIの2か月無利息というサービスは、一番お得な内容になっています。

条件を満たせば、さらに金利が0.5~0.6%下がる!

kakei (1)

住信SBI「Mr。カードローン」は、プレミアムコースなら他社の半分、スタンダードコースでも他社と比べて最低レベルの金利です。それに加えて、一定の条件を満たせばさらに、0.5~0.6%金利が下がります。

その条件というのは、

  1. SBI 証券口座保有登録済である
  2. 当社住宅ローン残高がある
  3. 当社所定のSBIカードを保有し、かつ当社口座を引落口座に設定している

という3つのものです。1と2のどちらかを満たせば、0.5%金利が下がります。3を満たせば、さらに0.1%下がり、最大で0.6%金利を下げることが出来ます。すべて満たした場合、

  • スタンダードコース:8.39%~14.69
  • プレミアムコース:1.89 %~7.89

という金利になります。2.3は現状で満たしている人以外は、厳しいかもしれませんが、1のSBI証券口座は、無料で開設できるので、より金利を下げたい方は、口座だけでも作って損はありません。

おまとめローンに最適である

最低金利も最高金利も、他社と比べて最低クラスの住信SBIのカードローン。金利のお得さが目立ちますが、スタンダードコースで300万円、プレミアムコースで1000万円という高い限度額も魅力的なポイントです。他社からの借り入れを一つにまとめる、おまとめローンとしての利用にも、最適な条件になっています。

銀行カードローンは総量規制の対象になりません。年収の3分の1以上の借り入れが可能で、かつ限度額が高い。さらに金利は最低クラスということで、他社の借り入れを、住信SBI銀行の「Mr。カードローン」にまとめると、かなり金利が下がります。おまとめ目的での利用者が多いのも特徴の一つです。

他にも嬉しいサービスがいっぱい!

金利や限度額が、住信SBI銀行「Mr。カードローン」の魅力ですが、サービス面でも質が高く、利便性が高いのも特徴です。

  • 来店する必要がない
  • スマホ 携帯から融資の申し込みができる
  • コンビニなど提携ATM手数料無料
  • 明細書はネットで確認が可能、自宅に明細書が郵送されない

など、利用者にとってうれしいサービス内容になっています。使いやすさという点でも、かなり高評価を受けています。

まとめ:金利を安くするなら住信SBI銀行「Mr。カードローン」がベスト!

ここまでご紹介した通り、住信SBI銀行の「Mr。カードローン」は、とにかく金利で真っ向勝負しているカードローンです。老舗の大手信託銀行である三井住友信託銀行とソフトバンクグループ出身の新しい金融会社であるSBIがタッグを組んでいるというだけあって、他社よりもかなり魅力が大きいカードローンです。

プレミアムコースなら、他社の半分の金利。スタンダードコースでトップクラスに低い金利。審査次第でどちらになるかが決まりますが、どちらにしても、住信SBI「Mr。カードローン」を選んで損はないという内容です。

マイナスポイントとしては、

  • 返済方法も自動引落のみ
  • SBI銀行の口座が必要
  • 事前にSBI銀行の口座がないと即日融資が出来ない
    (口座開設と、融資の審査の両方をやって即日融資に間に合わせるのは現実的に厳しい)

という点くらいでしょう。ちなみに、他社でたまに見かける、30日間無利息などのサービスもありません。ですが、カードローンを借りるときには、やはり金利が低い所を利用するのが一番お得です。無利息サービスがあったとしても、元々の金利が低い方がやっぱりお得になります。

SBI銀行「Mr。カードローン」以外を選ばないといけないという方は、SBI銀行の口座を持っておらず、かつ必ず今日お金を借りないといけない、即日融資が必須の方くらいでしょう。総合的に見れば、特別な理由がない限り、ほとんどの方が金利の面でお得な住信SBI「Mr。カードローン」は第一の選択肢になるはずです。

\ SNSでシェアしよう! /

カードクエスト2016|おすすめのクレジットカード・カードローンを徹底比較!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

カードクエスト2016|おすすめのクレジットカード・カードローンを徹底比較!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

クレ男@編集長

クレ男@編集長

クレジットカードを始め、共通ポイントカードなど、お得なカード活用法について詳しい、32歳独身。「カードのお得な使い方について教えてあげるよ」という口説き文句で女性を2人きりのデートに誘うことが得意。不得意なことは、その後に仲を深めていくこと。家庭教師のアルバイト経験から、何かを分かりやすく解説することは得意。将来の夢は無料で教える学習塾を開くこと。

この人が書いた記事

  • ゲオ ポンタカードまとめ|作り方とローソン・おさいふポンタでレンタルする方法【紛失・再発行も】

  • ポンタカードの簡単な作り方・登録・ポイントの貯め方|何も考えずに勝手に貯まるコツ!

  • 【ポケモンGO】クレカ・コンビニ・プリペイドカードでの簡単な課金の方法とおすすめアイテム!

  • ポンタ ポイント お得な4つの使い方|かしこく交換して、現金の出費を抑えよう!

関連記事

  • 家族や会社に知られずにSMBCモビットのカードローンで審査に通過する2つの条件

  • オリックス銀行カードローンの特徴まとめ|融資・審査・評判など…

  • 愛媛銀行「ひめぎんクイックカードローン」の7つの特徴|金利・審査・無利息期間など

  • 元銀行員が教えるカードローン審査に通るための5つのポイント

  • ノーローンのカードローン 超お得な3つのポイント|審査・金利・手数料などまとめ

  • ジャパンネット銀行カードローンの特徴と魅力|審査・融資・無利息期間など