1. TOP
  2. 初心者でも分かる!海外専用プリペイドカード徹底解説|VISA、Master、JCBのどれがおすすめ??

初心者でも分かる!海外専用プリペイドカード徹底解説|VISA、Master、JCBのどれがおすすめ??

2016/07/15 その他カード
この記事は約 7 分で読めます。

海外に行くとき、現地でどのような支払方法を行えばよいか迷う方も多いでしょう。クレジットカードがいいの?現金で払う場合はどうやって外貨両替すればよいの?など、甘く見ていると現地で使えるお金が無くてとても大変なことになってしまいます。この記事では、特に欧米に行く場合に人気のプリペイドカードについて、ご紹介したいと思います♪

 

海外旅行や出張で使えるプリペイドカードとは?

キャッシュレス・カード社会の欧米なんかでは、「プリペイドカード」がとても便利で安全だって聞いたけど・・・。

「海外専用プリペイドカードって、そもそも何??」

「クレジットカードやデビットカードと何が違うの??」

「メリット・デメリットは何??」

「出張や旅行でも使えるの??」

など、海外での決済方法をどうすれば良いか、情報収集している方のために、必要事項をしっかりとまとめてみましたので、ご参考ください。

 

海外専用プリペイドカードとは??

海外プリペイドカードは、プリ(事前に)、ペイド(支払う)、と言う名前の通り、事前にお金をチャージ(入金)しておいて、その金額を上限として利用できる国際カードです。イメージとしては、Suica(スイカ)にお金をチャージして色んなところで使うという感じです。※各店舗がSuica決済対応であることが前提ですが。

例えば、日本円10万円で海外プリペイドカードにチャージ(入金)し、1000ドル(1ドル100円と換算)に変更します。その1000ドル分のプリペイドカードがVISAであれば、VISAの加盟各店舗で利用することができるわけです。1000ドル分チャージしているわけですから、100ドル使えば残高が900ドルになり、残高が無くなってしまうと当然利用できなくなります。

チャージはクレジットカードやネットバンク、銀行窓口やATMなどから行うことができます。例えば、留学中の子供の仕送りのために、親が日本でチャージするという方法も可能です。海外旅行や海外出張、留学などの決済にとても重宝されています。

海外プリペイドカードにはクレジットカードやデビットカードと同様、VISAやMasterなどの国際ブランドが付いているので、その加盟店で利用ができます。JCBや銀嶺(ぎんれい)などの国際ブランドを持ったプリペイドカードも有りますが、欧米では加盟店が少ないので、VISAかMasterの方が良いでしょう。アメリカではVISA、ヨーロッパではMasterのほうが若干、加盟店が多いようです。

 

プリペイドカードのメリットデメリット

プリペイドカードのメリット・デメリットを知る前に、その他の決済方法についてまずは把握しましょう。

★現金払い

日本を始めアジア各国や発展途上国では、クレジットカードがあまり普及していないため、現金払いの国が多いです。もちろん、高級ホテルやレストランなどでクレジットカードが利用できるケースはありますが、一方で、そこら辺の屋台や路面店、タクシーなどではクレジットカードが利用できないので現金で支払う必要があります。

逆に欧米では、ほとんど現金をつかうことはありませんので、後述する、いずれかのカードを利用することになるでしょう。

メリット:
アジアや途上国では普通の支払い方法

デメリット:
盗難・紛失時は、まず帰ってこない
欧米では利用できない場合が多い

★トラベラーズチェック

トラベラーズチェックとは、旅行用の小切手のことでT/C(ティーシー)と呼ばれたりもします。ただ、お店側からすると面倒な決済手段なので、露骨に嫌がられることもしばしば。カードの発達とともに利用機会は減少していますし、当サイトではあまりお勧めできません。

★クレジットカード

ヨーロッパ・アメリカでは現金払い以上に最も一般的な支払方法です。欧米の商習慣として、そこら辺のスーパーでも買い物なども基本的にはカードで行い、現金を利用することはほとんどありません。アメリカならVISA、ヨーロッパならMasterの方が、やや加盟店は多いかな、といったイメージです。どちらも持っていれば問題なし。日本では難なく使えるJCBは、海外では利用できないお店も多いので、少なくともVISAかMasterを1枚は持っていきたいところです。

メリット:
現金を持ち歩かなくて良いので安心
盗難・紛失時などもすぐに利用停止にすることができる。
分割払いなどで高額の商品が購入できる

デメリット
現金支払いがメインの国では利用できない
盗難・紛失・スキミング被害などの場合は、利用上限まで悪用される場合がある
発行する時に与信審査があり、状況によっては作成できない場合もある。
為替の交換が、カードで購入後3,4日かかるので、為替レートが確定しない

★デビットカード

海外デビットカードで支払った場合、登録している銀行口座から、そのまま直接引き落とされる、という仕組みを持っています。銀行口座の預金から直接支払う、といったイメージです。銀行口座にお金がある限り、いくらでも利用することができます。銀行口座に預金されているお金が日本円であっても、デビットカードの国際ブランド(VISAやJCBなど)が利用できるのであれば世界どこでも決済が可能となります。

メリット:
現金を持ち歩かなくて良いので安心
盗難・紛失時などもすぐに利用停止にすることができる。
発行するのに与信調査などが無く誰でも作成できる。
入会費・年会費、カード発行等が無料。

デメリット
現金支払いがメインの国では利用できない
盗難・紛失・スキミング被害などの場合は、預金が全て無くなってしまう場合がある。
銀行口座に入っている金額までしか利用できないので高額商品の買い物は不可。

 

海外プリペイドカードのメリット・デメリット

これらの決済方法と比較して、海外専用プリペイドカードもメリットデメリットをまとめてみると、

メリット:
現金を持ち歩かなくて良いので安心
盗難・紛失時なども、すぐに利用停止にすることができる。
盗難・紛失時なども、チャージした分までしか悪用されないので被害を最小限に抑えられる
 ※クレジットだと利用上限いっぱいまで、デビットだと預金口座全てを奪われるリスクがある
発行するのに与信調査などが無いので、クレジットを作れない人でも利用できる
為替レートが良いタイミングでチャージ(入金)できる
現金よりも為替交換手数料が安い
入会費・年会費、カード発行等が無料。

デメリット
現金支払いがメインの国では利用できない
盗難・紛失・スキミング被害などの場合は、預金が全て無くなってしまう場合がある。
チャージした金額までしか利用できないので高額商品の買い物は不可。

といった特徴が挙げられます。上記の特徴の中で、特に、プリペイドカードが魅力的だなぁと感じる点だけ、ご紹介したいと思います。

為替レートが良い時にチャージしておこう

特に、プリペイドカードが魅力的だな、と思うのは、

・将来の海外旅行が確定していて、今が為替レートが良いタイミングだ(1ドル100円近くの円高時など)と言う場合

です。この記事を書いている現在ではイギリスがEU離脱を表明したまさにそのタイミングなので、EU不安から円高が急激に進みました。1ユーロ120円くらいだったのが、1ユーロ110円までに下がったりしてますので、こういう時にチャージしておくと便利かもしれませんね。

カードの発行手数料などが無料、その他の手数料も比較的安い

入会費・年会費、カード発行など、プリペイドカードを手に入れるためにかかる費用は、ほとんどの会社で必要ないところが多いです。基本的には、その後、口座を持っているだけでは料金は発生しない場合が多いですが、1年ほど利用していないと月に100円~150円ほどかかってしまう所もあるので注意が必要です。

その他、プリペイドカードを利用することでかかる基本的な手数料は以下のような感じです。いろいろと手数料がかかりますがトータルすると現金払いやクレジットカード払いよりも安い場合が多いです。プリペイドカードを決める時には以下のような手数料がいくらかかるか?で比較すると良いでしょう。

  • チャージ手数料: カードにチャージする時の手数料
  • 為替手数料: 日本円から外国通貨に両替する時の手数料
  • 支払手数料: カード払いする時の手数料
  • ATM手数料: 現金を引き出す時の手数料

審査がないのでクレジットカードを作れない人、未成年におすすめ

プリペイドカードを発行する際は、クレジットカードやカードローンのように信用審査もないので、全ての人がカードを作ることができます。※カードによっては、年齢制限があります。

次回は、実際にどんなプリペイドカードがあるかについて紹介したいと思います!

 

\ SNSでシェアしよう! /

カードクエスト2016|おすすめのクレジットカード・カードローンを徹底比較!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

カードクエスト2016|おすすめのクレジットカード・カードローンを徹底比較!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

クレ男@編集長

クレ男@編集長

クレジットカードを始め、共通ポイントカードなど、お得なカード活用法について詳しい、32歳独身。「カードのお得な使い方について教えてあげるよ」という口説き文句で女性を2人きりのデートに誘うことが得意。不得意なことは、その後に仲を深めていくこと。家庭教師のアルバイト経験から、何かを分かりやすく解説することは得意。将来の夢は無料で教える学習塾を開くこと。

この人が書いた記事

  • ゲオ ポンタカードまとめ|作り方とローソン・おさいふポンタでレンタルする方法【紛失・再発行も】

  • ポンタカードの簡単な作り方・登録・ポイントの貯め方|何も考えずに勝手に貯まるコツ!

  • 【ポケモンGO】クレカ・コンビニ・プリペイドカードでの簡単な課金の方法とおすすめアイテム!

  • ポンタ ポイント お得な4つの使い方|かしこく交換して、現金の出費を抑えよう!

関連記事

  • コンビニATM手数料が無料の都市銀行・郵便局のキャッシュカードまとめ

  • コンビニATM手数料が無料の銀行キャッシュカード6社まとめ

  • スターバックスカードの使い方♪デザイン豊富でギフトカードとしても人気のスタバカードが熱い!

  • デビットカードとは?クレジットカードとの違い・比較(VISA、JCB)まとめ

  • プリペイドカードとは?種類・使い方・クレジットカードとの違い等(VISA、JCB、Master)