1. TOP
  2. クレジットカードを複数枚、短期間に発行するとどうなるか・・・・

クレジットカードを複数枚、短期間に発行するとどうなるか・・・・

2016/02/08 失敗談
この記事は約 3 分で読めます。

クレジットカードを短期間に作成してしまった40代男性のクレジットカード失敗談です。つい目先の利益に走ってしまうと、このようなミスをしてしまいますので皆さんも気を付けてくださいね。

 

■失敗談の提供者
user1
年代:40代 性別:男性
職業:会社員 趣味:ネットサーフィン
発行会社:セゾンカード

 

 

きっかけはキャンペーンのお知らせメール

年末にメールマガジンで送られてきたクレジットカードキャンペーンの一通のメール。今クレジットカード作成すると、入会キャンペーンとしてもらえるポイントが通常500~700ポイント(1p=1円)のところ、5000~6000ポイントに大幅アップするので、今申し込むのがチャンス!というのがメールの内容でした。

カードを新規で発行すれば、5000円分ものポイントが!?

通常500円分のポイントが、入会キャンペーンでは5000円分ということは、通常の10倍となります。そのタイミングでは、この大幅アップ対象のクレジットカードはセゾンカードが多く、これ幸いとばかりにセゾンカードに申し込みを行いました。セゾンカードは審査が早く、即日発行とまではいきませんが、ネットの申し込みの翌日には担当オペレーターから本人確認の電話が来て、次の週にはカードが自宅に届きます。ポイントアップが大きいクレジットカードから順に申し込んで行き、1枚目はロフトカード、2枚目はMUJICard(無印良品のクレジットカード)、3枚目はANAヤマダカードを申し込み、3枚とも無事に発行されました。自分でも申し込みすぎではないかと不安になっていましたが、審査が通るので、これ幸いとばかりに、次のポイントが大幅にアップしたJMBローソンPontaカードVisa(JALマイレージバンク&Pontaのクレジットカード)を申し込みました。

まさかの結末・・・

ところが、これまですぐに来ていた本人確認電話が翌日に来なく、違和感と一抹の不安を感じていました。2~3日後でしょうか、JMBローソンPontaカードの発行元のセゾンカードからメールが届き、今回は発行を見送らさていただきます・・・との文章が・・・。その段階になって、慌ててネットで調べたところ、短期間に同じ会社に対して、複数カードを申請することがタブーであることが分かりました。しかも、よりによって、重複作成・複数枚申請に対してはセゾンカードが一番厳しいようなのです。重複作成は、クレジットカードを発行してもらえないから複数の会社に申請している、という意味を持ち、支払い遅延と同等の重みがあるようで、六か月間も信用情報機関に登録されてしまうようです。現在持っているカードの停止・失効というお仕置きはないものの、次の更新は厳しいようです。

 

目先のポイント目当てに、痛い思いをしてしまいました。皆さんは、私のようにならないように気を付けてくださいね。

\ SNSでシェアしよう! /

カードクエスト2016|おすすめのクレジットカード・カードローンを徹底比較!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

カードクエスト2016|おすすめのクレジットカード・カードローンを徹底比較!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

編集部

編集部

カード比較ガイドの編集部&事務スタッフを行っています。主に寄せられた口コミや体験談などを掲載しています。

この人が書いた記事

  • オススメされてクレジットカードを作ったものの・・・便利過ぎて今でも借金地獄の女性の話

  • アメリカでクレジットカードを使用すると磁気異常を起こしやすい!という体験談

  • 楽器など高額なものも分割払いができるので重宝している体験談

  • 原因不明の引き落とし不可!何故かと思い調べてみると・・・

関連記事

  • クレジットカードを紛失してしまい探し回る羽目になってしまった20代女性の失敗談

  • 引き落とし口座の手続きミスで支払いができない!

  • せっかく貯めたポイントが期限切れで無効に。また、最低交換ポイント数に達せず使えないことも・・・。

  • クレジットカード払いにしておけばポイントが貯まったのに・・・という後悔談

  • 転職により給料がガクンと下がるもライフスタイルは変わらず・・・30代女性の失敗談

  • 国内でスキミング被害にあうとは・・・身に覚えは全くないという50代の体験談