1. TOP
  2. 還元率4%!?ANAカードのマイル還元率が超お得な裏ケース。

還元率4%!?ANAカードのマイル還元率が超お得な裏ケース。

2016/02/17 クレジットカード 話題
この記事は約 6 分で読めます。

2016年の高還元率カードのBIG3は、リクルートカードプラス(2.0%)、レックスカード(1.5%)、ネットマイルプレミアムカード(1.85%※年間250万使用の場合)です。これらは通常のショッピングで1.5%以上ものポイントがつく高還元率カードの代表格として有名。この他にも、通常ショッピングで1%、提携サイトでの使用であれば優遇ポイントがもらえる中還元率カードには、楽天カードやYahooカード、など多く存在します。

知る人ぞ知る、4%超えの高還元率カード

ただ、実は、これらのカードを凌駕する還元率を誇るカードがあったのです。これは表上の還元率では絶対に出てこない、知る人ぞ知る使用方法となり、ターゲットとなる対象の方も限られるかもしれません。。。

それが、皆さんもご存知の航空会社系クレジットカードの「ANAカード」。通常は0.5%~1%のフツーの還元率として知られるクレジットカードなので、あまり目立った存在ではありません。どの雑誌やメディアを見ても「高還元率カード」のジャンルに入れられていることは無いでしょう。

そんなANAカードが高還元率化する条件は2つ。

条件1:年間手数料5400円~6480円ほどを支払う事
条件2:貯まったポイントは「特典航空券」に交換する事

この2点です。

「条件1」については一見、5000円!?高いわ!と思うかもしれませんが、実は簡単にペイします。「条件2」の特典航空券に交換する事、という点が実は重要なポイントです。航空券換算すると4%もの還元率になる、という意味なのです。

ANAカードで還元率4%を超える仕組み(例:ANA JCB一般カードの場合)

まずは、下の図を見て理解してください。ANA JCBカード(一般カード)の場合でご説明します。

ana-okidoki

解説しますと・・

ステップ①:ANAカードを使うとOKIDOKI(オキドキ)ポイントが貯まる

OKIDOKIポイントというのは、JCBカードのポイントを管轄するポイントサイトです。ここで、ポイント状況を確認したり、特典に交換したりするわけです。クレジットカードで1,000円購入するとOKIDOKIポイントが1ポイント付与されます。もちろんこの1ポイントは1円ではありません。また、999円以下切り捨てになってしまいますので、ちょっともったいない気もしますが、微々たる数値だというのが後々分かるはずです。。。

ステップ②:OKIDOKIポイントからマイルに変更する

OKIDOKIポイントのサイトでは、貯まったOKIDOKIポイントを色々な特典に交換できます。例えば、↑の図の下の方に書いてるTポイントやAmazonポイントに変えると1ポイント5円とか3.5円とかですが、還元率は全く高くないのでここではポイント変更しなくてよいです。マイルに交換しましょう。

まずはここで「条件1」のルールが発動します。マイルを交換するには2つのコースがあります。OKIDOKIポイント1ポイントで5マイルに交換するのは無料です。ただおすすめは、年間手数料5000円を支払えば、1OKIDOKIポイントを10マイルに交換できるコース!無料コースで1ポイントを5マイルに変更するのはコスパ悪いです。なので、5000円払ってでも10マイルコースがおすすめです。貯まるマイルが格段に違います。

ステップ③:マイレージを特典航空券に交換する

これで、OKIDOKIポイントがANAマイレージに変更されました。OKIDOKIポイントの会員サイトから、ANAマイレージ会員サイトに移ります。ここでマイレージを色々な特典に変更できます。Tポイントや楽天ポイントには1マイル1円分で交換可能です。ただ、ここで交換してしまっては還元率1%。1%はまあ中還元率レベルですが、ANAカードは1000円でようやくポイントが貯まりましたよね?他の1%還元率のカードは100円からポイントが貯まるんです。あまりお得ではありません。ここで、通常のTポイントなどに交換するのではなく、特典航空券に交換するのがポイントです♪要は、10マイルで40円相当の航空券を購入できちゃうんです♪

特典航空券をマイルと交換すると超コスパ高い!

マイルで特典航空券と交換すれば、例えば、通常2~3万円する航空券を6000~7000マイルで交換できるわけです。

例えば、福岡ー東京間は特割で25000円。旅割21(21日前予約)で20,000円。旅割55で安い場合は12,000円。これが6000マイルで交換できちゃうわけです。時間的に余裕があって旅割55(55日前に予約する)が利用できる場合は航空券の料金自体が安いので実質の還元率は下がってしまい、計算上は2%となります。ですが、旅割21が使えなくなり特割料金になった時も同じ6000マイルで交換できるわけですので、その場合の還元率はなんと4%オーバーになるのです!

旅割り55が使える時には無理にマイレージを使わずに、特割で買う必要があるときにはマイルを使って特典航空券に交換する!と言うのはかなり賢いやり方だと思います。※注:座席を確保できない場合があるのでお早めに予約を^^どの区間でも国内線であれば同じような感じで飛行機を使えます。

飛行機をよく使う、しかも来週とか再来週とか、急な出張が多い、と言う方はかなりおすすめです。

ANAカード、VISAやMasterでも同様の還元率

国際ブランドをJCBではなく、VISAやMASTERにした場合は、10マイルコース年間手数料が5400円ではなく、6,480円ほどになります。1000円だけ高くなりますが、まあ気にするレベルではないでしょう。また、JCBカードではなく、三井住友VISAカードが発行元となり、OKIDOKIポイントではなく、三井住友VISAカードが運営するポイントサイト「ワールドプレゼント」のポイントとなります。

これが、さらに上級カード、ワイドカードやワイドゴールドカードになると、仕組みは変わらず、マイルが貯まりやすかったり、マイル以降手数料がゼロになったり(カード自体の年会費が高くなるが・・)、とさらに便利になってきます。

 

まとめると・・・

ana-mile1

ANA JCBカードを使って貯まったOKIDOKIポイントをANAマイレージに交換し、そのマイレージで特典航空券を購入する。

出来れば直近(出発より21日前)の航空券を購入したほうが還元率は4%となりお得だが、席数が無くなる恐れもあるので注意しましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

カードクエスト2016|おすすめのクレジットカード・カードローンを徹底比較!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

カードクエスト2016|おすすめのクレジットカード・カードローンを徹底比較!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

クレ男@編集長

クレ男@編集長

クレジットカードを始め、共通ポイントカードなど、お得なカード活用法について詳しい、32歳独身。「カードのお得な使い方について教えてあげるよ」という口説き文句で女性を2人きりのデートに誘うことが得意。不得意なことは、その後に仲を深めていくこと。家庭教師のアルバイト経験から、何かを分かりやすく解説することは得意。将来の夢は無料で教える学習塾を開くこと。

この人が書いた記事

  • ゲオ ポンタカードまとめ|作り方とローソン・おさいふポンタでレンタルする方法【紛失・再発行も】

  • ポンタカードの簡単な作り方・登録・ポイントの貯め方|何も考えずに勝手に貯まるコツ!

  • 【ポケモンGO】クレカ・コンビニ・プリペイドカードでの簡単な課金の方法とおすすめアイテム!

  • ポンタ ポイント お得な4つの使い方|かしこく交換して、現金の出費を抑えよう!

関連記事

  • 税金や健康保険料の支払いでポイントやマイルを貯める賢い方法2016

  • ガソリン代の大幅割引に役立つクレジットカードまとめ

  • 【キャラクター・アニメ・ゲーム系】人気のデザインカードまとめ33選

  • 【悲報】スマホ端末の分割払い滞納でゲームオーバー。クレジットカード発行やローンの審査に通らなくなる!?

  • ディズニーデザインのクレジットカード16選

  • エポスカードは丸井ユーザー・即日発行したい人におすすめ!